今日の記事では、みなさんが本当にほしい未来を描くために不可欠な、キャリアゴールを立てることについてお伝えします。

あなたは今、就活中ですか? これから始めようとしていますか? それとも、方向は定まっていないけれど次のステップを模索していますか?

この記事を読んでくださっているなら、おそらく何かしら「キャリアチェンジ」を考えているのではないでしょうか。

私が皆さんに、必ず踏んでいただきたいステップはキャリアゴールを立てるステップです。

キャリアゴールとは、あなたの理想の未来、理想の職場、理想の仕事達成するための具体的なアクションプランです。ゴールなので、必ず最後には結果があります。

私が必ず皆さんにお伝えしているのは、実現したい未来を、あなた自信で具体的に言葉にできなければ、それは残念ながら叶いません。

あなたの理想のライフスタイルやなりたい自分のビジョンをイメージして、キャリアゴール立て、それを書き出すこと。現状を変えたい!と思っているあなたがまずできることです。

今回の記事では、最も簡単に、かつ最も効果的にキャリアゴールを作るステップをお伝えします。

必ず、あなたの就職活動やキャリアチェンジの役に立つ内容ですので、ぜひ最後まで読んで下さいね。
  
  

いとも簡単に、現実的で達成可能なキャリアゴールを立てる方法

現実的で、達成可能なキャリアゴールを立てるにはどうしたらいいのだろう?

わたしが過去、常に悩んでいた悩みです。ゴールを立てるものの、結局実現できないまま、いつのまにかゴール自体を忘れ、達成できずに別の方法を探していました。

みなさんも経験ありませんか?

そこで、わたしがたどり着いたのは S.M.A.R.T.E.R. Goalです。

SMARTERは、Specific, Meaningful, Achievable, Relevant, Time-bound, Evaluated, Re-adjustableの英単語の頭文字を取っています。これは、アイディアをクリアにして、より大切なことにフォーカスができるゴール設定の方法です。

ちなみに、海外ではよくS.M.A.R.T. GOALが頻繁に使われます。私がご紹介するERがプラスされたS.M.A.R.E.T.R. Goalは、よりキャリアに特化したゴールの立て方です。
  
  

SMARTER GOALS

 

S.M.A.R.T.E.R. GOAL
  • S: Specific – 具体的に
  • M: Meaningful – 価値観に沿った
  • A: Achievable – 達成可能な
  • R: Relevant – 関連した
  • T: Time-bound – 期限のある
  • E: Evaluate – 評価できる
  • R: Re-adjustable – 修正可能な

 

SPECIFIC – 具体的に

ゴールは具体的に立てましょう。具体的に誰が読んでもわかるように言葉で書き表します。多くの人は、「大企業に就職する」「グローバル企業に就職する」など具体性のないゴールを立てがちです。

より具体的な、よりクリアにイメージできるゴールであることで、より達成しやすくなります。

おすすめは「5つのW」を意識すること。Who(誰が)、What(何を)、When(いつ)、Where(どこで)、Why(なぜ)を意識すると、自然と具体性がでてきますよ。
   
   

MEANINGFUL – 価値観に沿った

やりがいのある仕事はなにか、有意義な人生を送るために大切な価値観はなにか、考えてみましょう。どんな職場、どんな同僚、どんな製品、どんな企業理念をもった会社であれば、あなたはより充実した人生をおくれますか?

例えば、わたしは20代後半で1度転職をしていた時は、小さいこどもがいるたため、より時間と場所にフレキシブルな環境ではたらくことが当時の優先順位で、価値をおいていました。
   
   

ACHIEVABLE – 達成可能な

現状を客観的に見て、達成可能で現実的なゴールを立てましょう。例えば、親切性で「年収600万以上」というゴールを設定したら、大学院生でない限りは、ほぼ不可能ですよね。

新卒ならどれくらいの給与レンジで、どんな福利厚生を受け取れるか、現実を把握した上でゴールを設定しましょう。

おすすめの方法が「ビジョンを描く」ことから始めることです。ビジョンを描く際は、達成可能かどうかを考える必要はありません。5年後、10年後にどんな自分になりたいか、どんなライフスタイルを実現したいか、大きな夢を描いてみましょう。

一方で、ゴールを立てるときは数ヶ月、または1年のスパンで、達成可能なものである必要があります。なぜなら、ゴールから小さなアクションプランを立てるからです。大きな夢を叶えるために、1年間でできることはなにか?を考えてみましょう。
   
   

RELEVANT – 関連した

キャリアゴールは、手に入れたいライフスタイルとリンクしていなければいけません。そのキャリアゴールは、理想のライフスタイルを叶えることができる内容になっていますか?

例えば、「東京でのライフスタイルに憧れる!東京ライフを楽しみたい!」と考えているなら、「東京」での就職をゴールに含めましょう。

   

TIME-BOUND – 期限のある

タイムフレームがないと、それはゴールとはいえません。いつまでにゴールを達成するかを明確にしましょう。

明らかに無理なでタイムラインではなく、無理なく実現できるタイムラインを考えましょう。
   
   

EVALUATED – 評価できる

進捗と結果を簡単に見直せるゴールを設定しましょう。おすすめの方法は、定量的にゴールを設定し、進捗と結果が数値で分かるようにしておくこと。

進捗が一目瞭然で分かると、問題の根本的な要因を見つけやすく、さらに自身のモチベーション維持にも繋がります。
  
  

RE-ADJUSTABLE – 修正可能な

ゴールは実現可能でなければいけません。無理だとわかった時点で修正できるゴールを設定しましょう。

マーケット状況や個人的な理由によって思い通りに行かない時は、途中でゴールを見直し、変更することもできます。あくまでも状況に応じて「現実的な」ゴールを持つことが大切です。

最後にもう一つ、大切なことは「考えすぎない」ということです。後からいくらでも修正できます。深く考えすぎず、まずは書き出してみてください。
  

 

キャリアゴールの例

例えば、あなたが大学生で、現在、就職活動中だとしましょう。あなたならどんなゴールを立てるでしょうか?

大企業に就職をする

これだけでは、ゴールとは言えませんね。大企業に勤めたいのは伝わりますが、そこにどんな意味があり、いつまでに達成したいのか、何も分かりません。

今年10月31日までに、従業員1000人以上の規模の会社に就職をする。職種は営業またはマーケティング。勤務地は東京か大阪。給与は年収350万以上、賞与年2回、社宅あり。

どうでしょうか? より具体的になりましたね。

そして大事なのは、「なぜ」の部分。

なぜ東京か大阪を希望するの? → 大都会で私生活を楽しむことに価値を感じるから。

なぜ従業員1000人以上の規模の会社なの? → 大きな事業を持っている会社で、よりスケールの大きな仕事に関わることで、社会に貢献したいから。
   

SMARTER CAREER GOALを立てよう!

ステップを理解できたら、実際にキャリアゴールを立ててみましょう。

GlobeLink Careerでは、1人でも多くの方をサポートするために、無料の相談セッションを実施しています。

海外就職について、就職活動の相談、キャリアに関するお悩みがある方はぜひお申し込みください。ご希望の方は下のフォームからお願いします。

一緒に未来を変えるキャリアプランを立てましょう!